すぐに役立つ離婚を解決する方法、慰謝料、財産分与、養育費、親権を巡る法律と税金の解決方法、そして離婚から新たな幸せへと導く人生へ再生する導く方法を詳しく解説
離婚したいと思ったらどうすればいいのか?安心して離婚するためのすすめ方と手続きを紹介
スポンサードリンク

トップページ

離婚という言葉を広辞苑で引くと「法的に夫婦関係が解消されること」と記載されています。元々血縁関係にない赤の他人がさまざまなきっかけで出会い、お付き合いをして、結婚と言う人生の一代イベントを迎える。

その後、お互いが生活していければ何も問題ないが様々な原因で夫婦関係に亀裂が入り、離婚という選択肢を選ぶ方もいらっしゃいます。 離婚というものはとても労力が必要になり、明日離婚しようというように簡単に離婚を成立させることは難しいです。→離婚原因

離婚する前にもう一度考えてみましょう

離婚したいと考えたら本当に離婚することができるのでしょうか。答えはできます。
しかしながら相手があることですから全てご自分の考えが通ることはあまりありません。ではどうするのか、一度冷静になって近況を考えて今現在のことそしてこれから訪れる未来のことです。

離婚お二人は好きという気持ちがあり一緒になり一つ屋根の下で生活することを選ばれました。そうすれば元々創始相愛だったわけですね。しかし何かのきっかけでどちらか若しくは双方が嫌いという感情が芽生えてきて少しずつ嫌いになっていったのかしれません。

離婚するには色々な理由がありますが、本当に分かれると結審するまでは大変なことです。
最後もう一度ご自分の胸に手を当てて離婚すべきかどうかをじっくり考えて、どうしても結論がでないような場合は、弁護士さんや消費生活センター等に相談することも一つの方法です。

離婚すると決めたら

何らかの理由で夫婦のいずれかが若しくは双方で離婚すると決めたら自分達のこともそうですが、双方の親族や自分たちの子供がどうなるかを考えましょう。
なるべくですと、ある程度のことはクリアーにしてから協議を始めたほうが話し合いでの解決ができるかもしれません。

離婚すると決めたら双方が険悪な関係になるのは、仕方がないですが、1日も早く離婚を成立させたいと考えるのであれば連絡を密に取り、離婚届け提出までの予定表を作成し、何ヵ月後に全ての手続きが終了するかまで考えて行動しましょう。

離婚に向けてすること

夫離婚に向けて先ず考えなければいけないのは財産分与と子供の養育方法と養育費について考えなければいけません。
離婚すると決めたら双方1日も早く手続きをしたいと考えるはずです。

離婚が正式に決定すると双方別の新たに道に向けて歩みだすことになりますので、自分は自分と言う考えが芽生えて離婚後の連絡について仕事が忙しいとか
居留守を使いあえて連絡をとらないようなこともあります。

妻協議離で離婚をする場合は、とにかく早く離婚を成立させて財産分与や子供の養育費については後から決定させようとしますので、第一段階は終了したので次はゆっくりでもいいやと考えられますが、次がなかなかまとまらないことが多いのです。

慰謝料

離婚でまず考えるのはやはり慰謝料でしょうか。
芸能人やスポーツ選手の場合、慰謝料○億円というのはよくテレビでも見ますね。しかし一般のサラリーマンや自営業者の場合は、さすがにそこまで金額があがることはありません。

慰謝料の請求は、離婚理由が一方の不貞や暴力が関係するような場合、その受けた苦痛について配偶者に慰謝料を請求することができ、相手の親族に対しても慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料とは

慰謝料とは民法第709条で定められており、「自由、身体、生命、名誉を故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」と記載されています。

財産分与

財産分与とは夫婦で持っている財産をそれぞれが一定の条件に基づいて受け取るというもので税金はかかりません。
主なものとして家、預貯金、貴金属になり動産、不動産を問いません。

財産分与仮に夫がサラリーマンで妻が専業主婦の場合、離婚すると妻は収入がなくなり途方にくれます。パートや社員を目指して就職しようとしても自立していけるだけの給料をえることは殆ど不可能です。

生活保護をうけることができれば何とかできるかもしれませんが、子供がいる場合はかなり厳しい状況になります。

離婚をする場合、慰謝料も財産分与もと考えるかもしれませんが、財力のある配偶者でないととても難しいです。

協議離婚

協議離婚と裁判所の判断によらず、自分達で離婚を成立させるというものです。
日本は欧米と比べて訴訟には慎重なのであまり公の場所には出たくないというのが基本的な考え方ですが、アメリカ等はみんなの前で自分の意見を主張してどうですか皆さんというような意思表示することをとても好みます。

協議離婚は調停離婚や裁判離婚や審判離婚に比べると圧倒的に多く全体の9割を占めており残り1割が裁判離婚です。

離婚を考えている方の9割が協議離婚を選択する理由としては、時間と費用があまりかからないというのが最大のメリットです。
協議離婚を選ぶ夫婦は年々右肩上がりで増加しているので今後も更に増えていくと考えられています。

協議離婚の取り消し

離婚するについて一度決めた協議離婚でもこれを取り消すことができます。
取り消し理由に該当するのは、脅された場合や偽造により書類が作成された場合です。一般的には錯誤や虚偽があれば書類の内容を取り消すこと可能です。

新着情報&トピックス

bottom